三宮の全身脱毛屋さんの口コミ評判

私が、なぜ全身脱毛をしようと思ったのか?というと、以前から脇の脱毛などの自己処理が大変だったからです。

夏場などは特に薄着になるので、大変ですし、カミソリなどで処理をすると、カミソリ負けをしてしまうことが多く、憂鬱な気持ちでした。

また、私はアレルギー肌で、すぐに乾燥してしまい、お肌の自己処理をすると、必ずその後がお肌が荒れてしまいます。このため、なんとかしたい…と思っていました。

そのサロンを選んだ決め手ですが、当時仲良くしていた友達が、そのサロンに通っているということを話してくれたからです。

サロンには、いくつものサロンがありますが、その脱毛サロンは、料金も良心的で、さらには勧誘がとても少ないということを友達に聞きました。サロンの場所も、とても便利な立地なので、通ってみることにしました。

勧誘ってやっぱりしつこいのかな?というイメージがあったのですが、最初のカウンセリングの時点でも、しつこい勧誘は一切ありませんでした。あくまでも説明のみで、断ろうと思えば断ることが出来る雰囲気でしたし、オプションを追加しろという勧誘もありませんでしたし、通い始めから、その後も安心して通うことが出来たと思います。

期間は、大体2年間で、その後もアフターフォローとして2ヶ月程度がついていました。金額は、全身脱毛でも安い金額で、他のサロンよりも良心的であると思いました。料金体系はわかりやすく、オプションなども必要がありませんし、全身脱毛なら、その料金ぽっきりで考えればいいので、わかりやすいと思いました。

そちらのサロンは、京都市にあるサロンなのですが、予約が取りづらいと言うことは一切なかったです。

私は、訪れた時に、既に数ヶ月先の予約を取るようにしていたので、予約が取れなかったことはありませんでした。

もしかすると、店舗によっては取れないこともあるのかもしれません。

最初のカウンセリングでは、説明がほとんどだったので、私から何か症状を伝えたりすることはありませんでした。このため、クリニックと比較すると、多少物足りなく感じてしまうかもしれません。でも、シンプルに終わるので、あまり勧誘をされたくないという方には、良いのではないかと思います。

レリエフというこちらの脱毛サロンでは、光照射脱毛を行っていて、フラッシュ脱毛として光を当てていく施術を行います。

施術時間は短いですし、それほど痛みは感じませんでしたが、皮膚の薄い部分などは時々、ちくっとする痛みがありました。特に脇や、足のすねなどは痛みを感じることが多かったです。

しかし、痛いということをスタッフに伝えると、施術を少し休んでもらったり、機械の出力を抑えてもらうことが出来たので、安心して施術を受けることが出来ました。施術後は、なるべく自宅で保湿をしてもらいたいと言うことを説明されましたが、私は面倒なので、ほとんど保湿することが出来ませんでした。

しかし、何もケアせずとも、皮膚は問題ありませんでしたし、脱毛に支障が出ることもありました。お肌への負担は本当に少ないと思いました。

全身脱毛をしたのですが、大体の部位は綺麗になったので、良かったと思います。しかし、脇の方は、少し部分的に今も生えてくるところがあるので、照射漏れがあったのかな?と思います。しかし、通いやすく、施術時間も短いため、最後まで通い続けることが出来たので、良かったと思います。

全身脱毛をする前は、体中のお手入れをしなければならず、脱毛の負担がありました。しかし、全身脱毛をすることで、お手入れが格段に楽になりました。今後もお手入れは楽なので、金額に見合う価値はあったのではないかな、と思います。

全身脱毛をすることで、特に後遺症があったということもありませんでしたし、アレルギーで敏感肌の私でも、施術を受けることが出来たので、よかったと思います。

私は、レリエフという脱毛サロンを選んだのですが、良かったことは、勧誘がなく、リーズナブルな料金で、脱毛をすることが出来たことです。

通いやすく、予約も取れたので、特に不満もなく通うことが出来たのは良かったなと思っています。反対に、イマイチだったという点は、照射漏れが部分的にあり、全身脱毛だけれども、部位によっては、少し生えてくるところがあるという所です。

クリニックで施術を受けていたのであれば、こんな風に生えてくることはなかったのかな…と思ったりもします。

また、サロンは、歯科医院のような雰囲気で、高級サロンというわけではありませんでした。リラクゼーションを求めていたのですが、そういった雰囲気ではなかったのは、ちょっと残念だなと思います。

しかし、その頃は、脱毛にそれほどお金をかけることが出来なかったですし、忙しい中で通っていたので、十分な仕上がりだったと思います。

今は、色々な脱毛のサロンがありますが、自分に合ったお店に通い続けることが必要だと思いました。