手の甲の毛穴と指のムダ毛含めて全身脱毛体験談!~接客業編

ビー・エスコートでの全身脱毛体験談

自分の毛深さに悩み始めたのは小学校高学年位からでした。他の女の子より明らかに毛深くて、体操服を着ると脚も腕も丸出しで、毛がすごく目立つので恥ずかしくて縮こまってしまっていました。思春期を迎え、ますますコンプレックスが強くなるばかりでした。ツルツルの肌の子が羨ましくて仕方ありませんでした。

そんな私が脱毛サロンに通おう!と決心したのは、就職して、接客業に就いたことがきっかけとなりました。接客業でお客様の目に触れる腕が、毛がボーボーだと清潔感も無いし、自己処理の跡のブツブツ毛穴やちょっと触れるとチクチクする感じも不快でした。

ほとほと嫌になって、脱毛サロンに通うことにしたのです。お金のことや、効果がどれくらいあるのか、痛みはあるのか、などなど心配なことはたくさんありました。けれど、友達の紹介があり、無理な勧誘も無いということを聞いていたので、その点は安心していました。

いざ初回のカウンセリングに行くと、スタッフの方がとても気さくで、でもきちんと説明はしてくれる人で、納得行くまで質問も出来ました。人よりもかなり毛深かったので、本当にツルツルになるんでしょうか?と聞いたところ、逆に効果が目に見えて現れやすいですよ、とのことでした。その通りでした。施術を重ねるごとに、みるみる毛量が減り、生えて来る毛が細く、弱弱しくなっていきました。

一回施術した箇所は、毛周期の関係で3か月は施術しないのですが、全身をローテーションで施術していくので、一か月に1回は通っていました。仕事が忙しかったのもあり、そのペースは丁度良かったです。

ただ、どうしてもこの日がデートだからきれいな状態で臨みたい、とか、友達の結婚式でドレスを着るからきれいにしておきたい、という日は、逆算して早めに予約を取ったほうが良いです。毛がきれいに抜けるまでの期間も計算に入れて、いつ施術すれば当日きれいでいられるか、スタッフの人に相談しましょう。

施術の時の痛みですが、正直スタッフさんによって違いました。脱毛器で照射する方法は一緒なのですが、照射の前に保冷剤で冷やしてから、パシッと光を当てるのですが、その冷やす時間が短い人や、冷やしと照射のタイミングが合ってない人だと、ちょっとビクッとするくらい痛かったりします。と言っても、痛いのはかなり剛毛のvラインや膝下くらいで、比較的毛が細い腕や太ももは、ゴムでちょっと弾かれるくらいの痛みで済みます。上手なスタッフさんだと、その弾かれる痛みもほとんど感じませんでした。

毎回、同じスタッフさんがしてくれるわけでは無かったので、今日は大丈夫だろうかと少し緊張していました。当時の私は、痛みを感じるスタッフさんに何にも言わず耐えていたのですが、今はハッキリ言ってあげたほうがお互いにとって良かったなあと思います。

料金的には、全身脱毛で27万円位かかりました。働いていたのでなんとか工面できました。何より、長年のコンプレックスが解消されることは、お金に代えがたいものでした。回数を重ねるにつれて毛が薄くなり、ザラザラやチクチクとも無縁の肌になっていくのが嬉しくて、おしゃれにも身が入るようになりました。ノースリーブも着られるし、スカートも買いました。脚の毛が気になってやむを得ずパンツスタイルが多かったのですが、スカートを履けるようになると服の種類が一気に女性らしく変わりました。おしゃれが楽しくなり、同時に自信もついてきました。お客様に臆することなくツルツルの腕で接客できて、笑顔も明るくなったような気がします。

また、VOIラインの脱毛は施術されるのに最初は恥ずかしくて抵抗がありましたが、皆さんプロだし見慣れてるだろうし、開き直ってやってもらったほうが良いです。回数を重ねるにつれて平気になっていきます。ここの部位は生理の時の不快指数をかなり下げてくれました。スッキリしていて、いつも清潔でいられる爽快感があります。もちろん、水着を着た時には、はみ出しなど全く気にせずいられるので、思い切り楽しむことが出来ます。

それと、腋にあった長年の自己処理の黒ズミが、かなりきれいになりました。これも嬉しい効果でした。あとは、細かいですけど、手足の指毛、結構目立ちますよね?それもスッキリ無くなりました。指輪してても、毛が気になる。サンダル履いてても指毛が・・・なんてことも無くなります。

費用も時間も(私は3年通いました)かかりますが、結果には大変満足しています。小学生の頃から25歳までの十数年間、本当に悩み続けたので、憧れの全身ツルツルお肌になれたのは本当に嬉しいです。脱毛するまでは、毛深さによるコンプレックスがかなり強かったので、おしゃれも恋愛も消極的でした。けれど、思い切ってコンプレックス解消に向けて一歩踏み出し、脱毛サロンに通い始めたことで、恋愛やおしゃれに関しても積極的になりました。仕事にも自信を持って臨めるし、私にとっては良いことばかりでした。

レヴィーガクリニックでの全身脱毛体験談

レヴィーガクリニック

私は普段銀行員として受付業務を担当しています。受付業務をしていると、どうしてもお客様からの視線がきになります。顔の産毛や手の甲、指のムダ毛がお客様の視線を集めていました。子供の頃から毛深いことがコンプレックスで、ずっと恥ずかしいと感じていました。ムダ毛を自分で処理することも出来ますが、ムダ毛を処理するためには手間がかかりますし、時間ももったいないと感じていました。全身脱毛をすることが出来れば、こうした面倒な作業は必要無くなります。だから私は全身脱毛をすることにしました。

私がレヴィーガクリニックを選んだ理由は、女性誌にたくさん掲載されていて目立っていたからです。女性性に掲載されるほど有名なクリニックは、たくさんの患者さんから支持されています。そして、レヴィーガクリニックは、女性医師が診察をしてくれます。同じ女性ということもあり、気軽にムダ毛について相談出来ると思いました。全身脱毛のお得なキャンペーンもしていたので、安い料金で利用することが出来るのも魅力的でした。

レヴィーガクリニックでは、予約を電話で受けています。自分の都合の良い日に殆ど合わせることが出来るので、予約がとても取りやすいです。

初めての患者さんの場合は、必ずカウンセリングを受けることになっています。カウンセリングは女性のスタッフが担当してくれるので、とても話しやすい雰囲気です。女性スタッフはコミュニケーション能力が高く、いつも笑顔で質問に答えてくれます。料金のことやお得なキャンペーンのお知らせもしてくれるので、最善の方法で全身脱毛をさせてくれます。丁寧な説明なのでわかりやすく、しつこく契約を結ぼうとするわけでもありません。

全身脱毛は2年間の間通うことが出来ます。その間に8回施術を受けるコースを選びました。8回全部終えるまでに約1年かかりましたが、8回コースならばこれくらいの期間が適切だと感じました。長い期間かかったとは思いませんでした。

女性医師が肌の状態を確認してくれます。肌トラブルが起きたときには、直ぐに診察を受けることが出来ます。これは全身脱毛サロンでは受けられないことであり、クリニックならではのことだと思います。何かトラブルが起きたときに対処してもらえるのはとてもありがたいことです。

全身脱毛の施術をするときは、まず剃毛をします。剃毛代は別途で1080円かかります。剃毛は電気シェーバーで女性スタッフがしてくれます。最初は恥ずかしさを感じましたが、次第に慣れていきます。

全身脱毛は、まず全身にジェルを塗っていきます。ジェルは温められたものを使うので、冷たさなどの不快感を感じることはありません。ジェルを塗った後は、蓄熱式脱毛の機械で脱毛施術をしていきます。この蓄熱式脱毛は、肌を温めて毛包を破壊していきます。そのため、火傷のような痛みを感じます。パワーを抑えたり強くすることが出来るので、痛みが強い場合はパワーを落として施術をすることも可能です。私は痛みを感じたことがあったので、パワーを落として施術をしてもらいました。

全身脱毛は、2台のマシンを使って行うことも可能です。私は2台のマシンを使ってもらい、1時間以内で施術を完了させてもらっていました。1時間以内で終わるのはとても早くて助かります。以前はレーザー脱毛をしてもらったこともありますが、蓄熱式脱毛の方が施術が早く終わります。痛みもレーザー脱毛と比べて少ないので、本当に助かりました。痛みは皮膚の薄いところで感じやすかったです。特に指や手の甲、足の甲で意味が強いと感じました。

全身脱毛を8回やったことで、全身のムダ毛が薄くなりました。完全にはムダ毛を消すことは出来ませんでしたが、8回で大体のムダ毛を綺麗にすることが出来ました。薄着をするときもムダ毛を気にすることが無くなり、とても満足しています。私が特に気になっていた指の毛は少し残りましたが、それでも大分薄くなって良かったです。

ムダ毛が無くなったことで、ムダ毛処理のための時間を別のことにあてることが出来るようになりました。面倒だったムダ毛処理をしなくても良くなったので、その分ストレスが減りました。お客様を相手にするときも、ムダ毛を気にすることが無くなり、仕事に集中出来るようになりました。

私がレヴィーガクリニックを利用して良かったと思うことは、担当の医師が女性だったことです。ムダ毛の悩みを男性に打ち明けるのはとてもストレスを感じます。同性である女性に診てもらえたことで、そうしたストレスを感じることはありませんでした。蓄熱式脱毛は、最新のマシンだったので、最新のマシンで効率良く脱毛が出来たことも良かったです。

私がレヴィーガクリニックを利用して不満だったのは、他の患者さんと待合室で一緒になることです。プライベートなことなので、脱毛をしていることはあまり他人に知られたくありませんでした。